岐阜県下一の温泉街下呂温泉!おすすめ立ち寄りスポット3選

日本三名泉の1つと讃えられた下呂温泉

岐阜県下呂市にある下呂温泉は江戸時代の儒学者によって、兵庫県の有馬温泉や群馬県の草津温泉と並ぶ日本三名泉の1つとして讃えられました。飛騨山地に囲まれた下呂温泉の泉質はアルカリ性単純温泉であり、下呂駅から飛騨川沿いを中心にして旅館やホテルが立ち並んでいます。下呂温泉は、名古屋駅からは特急で約1時間30分の場所にあります。東海地方からの観光客が多いですが、交通アクセスが良いので関東や関西から訪れる人も少なくありません。

開放的な露天風呂へ行ってみよう

下呂温泉のシンボルといえば噴泉池とばれる露天風呂です。ここは下呂市街を突っ切るように流れる飛騨川の河原にあり、下呂駅からも徒歩圏内にあります。岩で湯舟を組んだ造りをしていて、脱衣所や風呂を仕切る壁がないことから開放的な雰囲気です。入浴は無料で混浴ですが、水着の着用が義務付けられています。開放的な露天風呂に浸かれば、心が晴れ晴れすること間違いなしです。

博物館で温泉について学ぼう

噴泉池から飛騨川を渡り、徒歩約10分の場所に温泉専門の博物館があります。この博物館は、温泉を科学と文化の両面から紹介しています。温泉に関する資料を展示し、関連書籍も収蔵しています。施設内には足湯コーナーや歩行浴施設があり、楽しみながら温泉について学べると評判です。

街並みを一望できる温泉寺

博物館から徒歩約10分の場所にある温泉寺からは、下呂温泉の街並みを一望できます。高台にある静けさと心安らぐ景観が、観光の合間のホッとしたひと時となります。基本的には日没まで拝観自由なので、気軽に立ち寄ることが可能です。

ヤートラルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です